腰椎ヘルニア・慢性腰痛治療
岡山・倉敷市内出張可能


腰の痛みや足の痺れが続くため
『治らない』『こういうもんだ』が口癖になっていませんか?
そのお悩み、一度の施術で効果の実感があり、速やかな解消が見込めるんですが・・・



現在ご相談いただくヘルニアのお悩みのなかでも、比較的多い意見が以下となります。
  • 腰の痛みが激しく、動かしにくい。
  • ヘルニアの手術後、腰の痛みがじわじわと続いている。
  • おしりから太ももの裏にかけて痺れがある。
  • 神経ブロックを受けているが、翌日には痛みが現れる。
  • ずっと腰の奥が重だるい、腰を回そうとする時に痛みが出るという方。
  • かがみ込んだとき、痛みが起きてしまう。
  • 動かしはじめがスムーズにならない。

ヘルニアの特徴的な症状

【痛み】
動けなくなる程強い痛みがある場合と、長期間じわじわと痛みます。経過によって、この痛みは変わってきます。

【痺れ】
おしりから太ももの裏にかけてという方もいれば、足の先に痺れが現れる方もいらっしゃいます。痺れが現れる位置は、個人個人によって違います。

【その他】
冷えている様な異感覚がある。太ももの裏やふくらはぎが吊りやすくなるなどがあります。

ヘルニアにはさまざまな解消法がありますがお試しでしょうか?

ヘルニアが現れた際には、さまざまな治療法があります。通院による診断を受けたあとに、症状によっては、特に痛みや痺れなどが酷く臓器にまで影響が出る場合には「手術」適用の場合もあります。

また「牽引」や「温熱療法」や「シップ」などはお試しでしょうか?その他にも腹筋などの補強によって、痛みをご自身で可能なアプローチは多くあります。

しかし、それでも中々解消しないという声が多くあります。また、動く時に固定するコルセットを用いている方は多いですが、痛みの根本解決とは言いにくい現状です。

いろいろ試したけれど解消しない理由

ヘルニアの痛みへの対処法がうまく行かない理由、それは原因の特定ができていないからです。例えば左の腰が痛む方は、痛い方である左腰へのアプローチを続けます。

しかし原因は別にある事が多く、神経の構造上、右の筋が縮んでいるために左が引き延ばされて、左腰に痛みとして感じているということも少なくありません。

また、腰痛は生活習慣やストレスの影響も大きいことが多いため、画一的なアプローチが正しいとは限りません。

シップを張るのも体操をするのも、本当に悪くなっている部位を意識して施すことが解消の早道となります。

もしさまざまなお試しの後で、中々すっきりしない場合には、お気軽にお問い合わせください。

ヘルニアのお悩みを原因へのアプローチをいたします

痛みの原因は一人ひとり違います。ヘルニアの原因とは、腰椎の変形があらわれることで腰から下の神経が痛みや違和感や痺れを感じてしまいます。

腰椎の変形は、「心身の疲労」で深部筋が縮むことによって起こります。その他にも良かれと思って続けている生活習慣や、食生活なども影響しています。

痛みや違和感は、それらのどこかに問題があると体に知らせるサインとして考え、今の生活を見直すことで粘り強い体が作れます。

ヘルニアは早めの対策で重篤化を防ぎましょう

腰椎ヘルニアは痛みが気になる時期を過ぎ、重篤化してしまうと足の痺れなどで歩くことも難しくなってしまいます。

さらに重篤化が進んでしまうと排尿などに影響が出て、手術が必要となります。

また、ヘルニアの手術を経験された方でも、ケアを怠ると痛みが現れたり、動かしにくさがでてしまったりのお悩みが多く、早い段階でのご相談であれば速やかな解消に導けたと思う事も少なくありません。

腰の痛みや痺れなど、ヘルニアはケアをしっかり行えば痛みなどは少なくて済みます。

ただ、現状では一人ひとり原因が違うため、根本的なケアができていないことが多く、痛み・痺れ・動かしにくさの悩みと付き合っている方がほとんどです。

痛みに対して原因の特定からアプローチ

痛みの原因は生活や環境、お仕事などで変わってきます。一例をあげれば、睡眠がとりにくい状況や、同じ姿勢が続く状態、ストレスが多いなど、それぞれアプローチも違います。

いそのもり治療院では「本当に悪い部分」の特定や、その痛みが出している理由と、アプローチに秀でています。

そのため、施術を受けた方々から「こんな所が悪かったんだ」と驚かれることも多く、また、自分の身体と対面できる機会としても利用が可能です。

痛む部分へのアプローチも必要です。しかしストレスが多い方は右側に現れ、刺激の強い食生活をされている方は左側に表れるなどといった、生活に原因があります。

そういった自分でも気づきにくいからだのサインを知ることによって、痛みが現れにくい身体を作りましょう。

ご自身の体の状態を知ることからが第一歩として、一人ひとりに合わせた施術と、ご自身でのケア方法や生活の問題などをお伝えし、痛みが出にくい体作りのお手伝いに努めています。

表層の血流改善からアプローチしていき、深部の固まりを緩めて、ご自身の生活を見直すことでお悩みの根本的な解消へ導いています。


いそのもり鍼灸治療院のお問い合わせはこちら
メールでのご相談も可能です『メールフォーム』よりお問い合わせください。12時間以内に必ずご返信いたします。
岡山市北区田中152-115
※山陽本線 北長瀬駅南口より徒歩20分、岡電バス 中仙道西バス停から徒歩10分

腰椎ヘルニアを解決可能な
3つの理由

当院では部分的なアプローチも行います。腰椎ヘルニアによる腰の痛みでお悩みであれば、背中・腰・骨盤・太ももなどの原因となっている筋の特定し、ゆるめる事で解消を見込めます。

それに加え、体全体のバランス調整と、お身体全体の血流促進によって神経の反応を抑え、全体的な痛みをなくすと言う施術を行っています。

1:全体を触れる事によって、本当に悪い部分を特定しお伝えできます

痛みがある部分だけでなく、関連している筋や関節を触れて、痛みを生み出している部分を特定します。腰椎ヘルニアによる腰の痛みを出している筋は少なくてとも以下が考えられます。

  • 腰部表層の筋【脊柱起立筋】
  • 股関節の筋【腸腰筋】
  • 深部の腰の筋【腰方形筋】
  • 骨盤の傾き【中殿筋・梨状筋】
  • 太ももの筋、【大腿二頭筋・大腿四頭筋】

これらが、一つだけでなく複数が原因となっているため、その特定とアプローチによってゆるめ、長々と続く痛みや動きにくさやの解消が見込めます。

2:深部の筋へのアプローチが可能

筋には浅層と深層があり、腰で問題がある場合の浅層の筋は【脊柱起立筋】深層の筋は【腰方形筋】【腸腰筋】といったもので、アプローチが違います。

深層の異常は、察知するまでにも手順が必要であり、また深層へのアプローチが出来る施術はあまりありません。

慢性的な腰の痛みで、腰回りが痛む場合や、動く時に引っかかりが出来る痛みは深層の筋が大元の原因です。

この部分へのアプローチが根本的な解消につながっています。

3:医療情報と健康のアドバイス。

腰椎ヘルニアでお悩みの方は、身体の位置的には腎臓・肝臓などの大きな臓器や腸が近くにあり、別の疾患を心配される事もあると思います。

痛みは体が出しているサインであり、また、生活習慣や過去のトラブルが関わっています。それらも個別に判断し、一人ひとりの状態に合わせたアドバイスによって腰の痛みが発生しにくい根本的な改善を目指しています。

また、状態によっては適切な医療機関をご利用いただく場合もあります。『どこにいけばいいの?』というお悩みも、最新の医療情報をお伝えが可能です。

その人の状態を多角的に見て、腰の痛みが発生しにくい根本的な改善を目指しています。以上3点が当院の強みです。お体の状態を把握したうえで治したい方向けの施術となっています。

腰椎ヘルニアのお悩みで来院された方のお声

患者さまよりお喜びの声を多数いただきました。お悩みの解消を第一に考えています。率直なご感想ありがとうございます!

腰痛、肩こり、体全体のコリ改善
|岡山市 Y様 50代

腰痛、肩こり、体全体のコリ改善|岡山市 Y様 50代

ご利用前のお悩みは?
腰痛、肩こり、体全体のこりみたいなものがあって、困っていました。

何がきっかけで当院をしりましたか?
武道をやっていたのですがその道場の先生です。

ご利用はすぐでしたか?
日頃から体の動きを教わっていたので信頼関係がありました。すぐに利用させて頂きました。

施術を始める決め手は?
一般的な治療と違い対処的な施術ではなく、身体本来が持つエネルギーを活性化してくれるような施術と聞いていたので利用しました。 

実際に利用していかがですか?
毎週受けているのですが、今自分の体に起こっている事、なぜその痛みが出ているか?胴日々を過ごせば今まさに起こっていることが改善されるかわかり、すごく満足しています。

腰・背中の痛みや右足の痛み改善
|岡山市 M様60代

腰・背中の痛みや右足の痛み改善|岡山市 M様60代

ご利用前のお悩みは?
2年前に、右顔面神経麻痺になり治療中で疲れが出ると右肩および首に違和感・痛みがあります。1年前から、腰・背中の痛みや右足の痛みがありました。歩くと足首の辺りに痛みが出ます。

何がきっかけで当院をしりましたか?
町内の親睦グランドゴルフ大会があり、小川先生も参加されていました。その時同じグループで巡りお話させてもらいました。

ご利用はすぐでしたか?
4日目ぐらい。

施術を始める決め手は?
わたしは、鍼灸もマッサージも受けた事がないので心配でした。専門的なお話を聞き又人柄を見てお世話になってみようと思いました。

実際に利用していかがですか?
治療を受けて2日目ぐらいに、体が楽になりました。2回目の治療の後は、歩行が良くなりました(1週間後の治療)

当院が選ばれる
3つの理由

いそのもり鍼灸治療院が患者さまによくおっしゃっていただける、選ばれている理由としてまとめさせていただきました。

1:深部の血流を改善

からだには浅層と深層があり、深層へのアプローチが出来る施術はあまりありません。

深層は昔痛めた大元の原因・「古傷」といわれる部分が隠れていることが多く、不調の原因を作っています。この深層部分を緩める事が、根本的な治療につながります。

痛みがなかなか痛みが引かない方や、寒くなってくると痛みが現れるような方は、深部の筋を緩める事で改善されます。

2:弱点アドバイス

初期ヒアリング、治療の過程から、患者さまのお身体の弱点をピンポイントでアドバイス。

ご自身の弱点を知ることで、日々どのような生活をすれば症状が改善されるか理解できるようになり、来院回数を減らすことができるようになります。

3:最新の医療事情と
知識の研鑽に努めています

日進月歩する医療技術、最近は再生医療も日々進歩しています。その為、医師を講師に招いておこなわれる、鍼灸師・柔道整復師の為の治療者勉強会に毎月参加し、現在の医療事情や病院事情・どこでどのような医療が行われているかなど、常に知識を最新のものにしています。

最近の講義では、PRP療法という再生医療の方法で自己血の血小板より再生因子を取り出し、変形性質関節症を中心に、多数の関節痛へ副作用の少ない疼痛管理治療を行う話などを学びました。

こういった最新情報の提供という部分でもお力になれます。

最後までお付き合いさせてください。

小川大地
鍼灸師:小川大地(おがわだいち)
倉敷市出身、1977年生まれ
四国医療専門学校卒業

国家資格:はり師、きゅう師
趣味:古武道(20代の頃から)
三段代稽古/居合が好きです。

国家資格について

私が持つ国家資格のはり師・きゅう師は専門機関学校で3年間という決められた時間を勉強し、更に一定以上の試験を突破しなくては進級出来ないものです。

それらをクリアし、国家資格試験を通ったものが得ることのできる資格となっています。
カリキュラムには『生理学』『解剖学』『公衆衛生学』『病理学』『臨床私学各論・総論』『リハビリテーション医学』などの現代医療の知識と、『東洋医学概論・臨床論』『経絡経穴概論』『はり・きゅう理論』などの専門教科を学び、さらには実技においても重厚なものでした。

人の身体に触れるエキスパートとしての資格です。

治療方針

体の不調・痛みに対する根本的な治療を追求しています。

「骨格」「筋肉」「神経」の3大要素に常に着目し、この3大要素を改善することにより、体の不調・痛みの原因を根本から取り除いていきます。

患者さまが薬に頼らない、自然な方法での健康増進・維持を促し、身体も心も元気になっていただきたいという気持ちで全力をもって施術にあたらせていただきます。

施術室のご案内

施術室では、アロマでリラックスしていただきながら施術を受けられます。空調設備を完備。暑すぎず、寒すぎずの環境でリラックスしていただけます。 

「いそのもり」鍼灸治療院の由来

「いそのもり」鍼灸治療院の由来

私の生家が同名の貝塚上にあり、昔から土地の方々からは『いそのもりの小川』と呼ばれてきました。

開院に向け妹に相談した時の鶴の一声も後押しとなり、この治療院の名前とさせて頂きました。

院内には、いそのもり貝塚から出土した貝殻を展示しております。お立ち寄りの折には、ぜひご覧ください。 


いそのもり鍼灸治療院のお問い合わせはこちら
メールでのご相談も可能です『メールフォーム』よりお問い合わせください。12時間以内に必ずご返信いたします。
岡山市北区田中152-115
※山陽本線 北長瀬駅南口より徒歩20分、岡電バス 中仙道西バス停から徒歩10分

根本改善までの
3つのステップ

1:お問い合わせ

まずはお電話にてお問い合わせください。受施術希望日時を伺わせて頂きます。お電話(086-250-0557)もしくは、お問い合わせフォームからでもご予約可能です。

2:問診(初期カウンセリング)

施術前に体調や症状を確認いたします。不調の原因を突き止めていき、お困り事の解消法などもお体の状態からアドバイスさせて頂きます。

※はじめて来られる場合は、最初にカウンセリングをさせていただきます。施術時間を含め、1時間ほどお時間いただいております。

3:触診(手当て)・施術

血流の滞っている部分を鍼や手当ての刺激によって、滞りを解消させ、本来体がもっている力を元に戻す治療となります。

痛みを作っている原因の部分というのは、痛みが表れている部分と違う事が多くあります。東洋医学の最も基礎的な部分は、人の痛い部分に手を当て「大丈夫?」と慮る心を持つ事です。

治療家はその心を忘れず、持っている知識と経験で、血流の悪い部分や不調の原因、滞りを作った生活がないか、トラブルの古傷が残ってないか?等を調べていきます。

鍼について
鍼は体の悪くなって血流が滞った部分に対し、体に教えるという方針で用います。体を治すのは体自身であり、そのサポートするための手段の一つという意味合いが強いです。

基本的には届き難い部分を崩すという意味合いで、鍼を用いますが、鍼が苦手という場合は「てい鍼」という刺さない鍼を用いる事も可能です。

*注)鍼灸で用いる鍼は使い捨てである、ディスポーザブル鍼を使用しています。

お灸について
灸は、置いたところに血液を集める効果があることから、免疫力を高める効果を期待して用いる事があります。

通常は温灸・棒灸を用いますが、珍しい所では、前立腺がんでお悩みの患者様からご希望をいただき、枇杷の葉灸を用いた施術に携わったことがございます。

患者さまのご希望に添えるような用い方を行いますので、ご希望がございましたらお気軽にお聞かせください。

ご要望のある場合や、温める事で改善できると判断した場合に、了承を得てから施術いたします。

治療費について

いそのもり鍼灸院の治療費は以下の通りとさせていただいております。

初診料 ¥1,000-
鍼灸治療 ¥3,500/40分(初診60分)
訪問治療 ¥4,000より

対応エリア/岡山市・倉敷市・総社市
岡山北区田中152-115から16km圏内

上記以外の地域/距離・人数でのご相談となります。

お電話(086-250-0557)お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

ご紹介割引もございますので、詳しくはお問い合わせください。

よくいただくご質問

保険は使えますか?
保険は使えません。自由診療のみとさせていただいております。
治療費はどの位ですか?
50分3,500円です。何度も通われる方に向けて回数チケットであれば1回あたりの治療費のご提案可能です。
クレジットカードは使えますか?
クレジットカードはご利用いただけません。
治療に通う頻度はどれくらい?何回くらい通えば治りますか?
お身体の症状により大きく異なります。詳しくは、初回ヒアリングで見立てをお話させていただきますが、「根本治療」を理念としている当院では、1回の施術だけでは治らないと考えており、根治の為には継続した治療が必要です。
駐車場はありますか?
1台のみ駐車場がございます。
当日に気をつけた方がいいことはありますか?
お持物でハーフパンツ・ハンカチまたはタオルのお持物をお願いしております。
妊娠中も治療を受けられますか?
はい、もちろんです。
当院では妊娠初期から妊娠後期の方まで様々な周期の方が多くご来院されて経験も豊富なのでご安心ください。
どんな施術ですか?
痛い部分だけでなく、左右対称に痛みを作っている部分を探していき、痛みや違和感などを減らしていく施術となります。
鍼をさされるのは怖いです
鍼には刺す鍼と刺さない鍼があります。刺されるのが怖い方や苦手な方には、刺さない鍼を用いて施術を行っていきます。まずはご相談頂き、お好みに合わせた施術をさせて頂きます。
どんな服装が良いですか?
服装は普段着で問題ありませんが、鍼の施術時には手足が出る様にお願いしていますので、体に密着するような服装は避けて頂ければと思います。また、できれば厚手の服やジーンズは避けて下さい。女性の方はスカートよりはズボンの方がありがたいです。ラバーシャツやピッタリとしたズボンなどの服装ですと、鍼やお灸が出来にくい事もあります。

普段着やジャージなどの方が施術を受ける方が楽ですので、特に訪問治療の場合には患者様の楽な恰好をしていただくようお願いしています。